永遠
まったりと更新していきます。  主にアニメ、漫画、ゲームになるかと思われます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カルマ
ガラス玉一つ落とされた
(ND2000ひとつの命が灯った。名を聖なる焔の光と言った)

追いかけても一つ落っこちた
(聖なる焔の光はオリジナルとレプリカになった)

一つ分の陽だまりに 一つだけ残ってる
(2人の居場所は1つだけしかなかった)

心臓が始まったとき 嫌でも人は場所をとる
(人は生まれた瞬間から居場所を求める)

奪われないように 守り続けてる
(ルークは自分を認めてほしかった。)

汚さずに保ってきた 手でも汚れて見えた
(自分が自分だと思っていた。でも違った)

記憶を疑う前に 記憶に疑われてる
(ルークはレプリカだった。それを理由に弱気になっていった。)


必ず僕らは出会うだろう 同じ鼓動の音を目印にして
(ルークとアッシュは出会った。運命が引き合わせたように)

ここにいるよ いつだって呼んでるから
(自分はここにいる。)

くたびれた理由が重なって揺れるとき
(くだらない理屈をすべて取り払ったとき)

生まれた意味を知る
(ルークは自分が自分だとわかった)


存在が続く限り 仕方ないから場所をとる
(人は生きている限り、居場所を持っている)

一つ分の陽だまりに 二つはちょっと入れない
(ルークとアッシュは互いに相容れなかった)

ガラス玉一つ落とされた
(ルークと言う命が)

落ちたとき何か弾けだした
(アッシュと言う存在を弾き出した)

奪い取った場所で 光を浴びた
(アッシュの居場所で、ルークは成長していった)

数えた足跡など 気づけば数字でしかない
(過去のことなど、思い返しても数でしかない)

知らなきゃいけない事は どうやら「1」と「0」の間
(未来でも過去でもなく、今を知らなければならない)


初めて僕らは出会うだろう 同じ悲鳴の旗を目印にして
(出会ってしまった。逃れられない運命に)

忘れないで いつだって呼んでるから
(ルークはアッシュに呼びかけた)

重ねた理由を二人で埋めるとき
(アッシュは認めたくなくても認めなければならなかった)

約束が交わされる
(ルークという存在を…死ぬなよという約束を)


鏡なんだ僕ら互いに
(ルークはアッシュを、アッシュはルークを)

それぞれのカルマを映す為の
(二人は互いに認め合った)

汚れた手と手で触りあって 形がわかる
(ルークとアッシュというそれぞれの存在を…)


ここにいるよ 確かに触れるよ
(レプリカなんかじゃない)

一人分の陽だまりに 僕らはいる
(俺はルーク・フォン・ファブレだ。そう確信した。)

忘れないで いつだって呼んでるから
(ルークは呼びかけた。アッシュも呼びかけた)

同じガラス玉の内側の方から
(互いの存在を確かめるように)


そうさ必ず僕らは出会うだろう
(相容れぬ存在は惹かれていった)

沈めた理由に十字架を立てるとき
(理由はなくなった。自分は自分になった)

約束は果たされる
(お前がやれ そう言って命が消えた)

僕らは一つになる
(ルークはオリジナルを超えて…)





自己満足です

さようなら(
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
いい歌だよな
2009/05/09(土) 21:56:45 | URL | byじゃが (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。