永遠
まったりと更新していきます。  主にアニメ、漫画、ゲームになるかと思われます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココロ
あのころ二人共に話て帰ったいつもの道を

大きくなった自分が見つめていた

何年が過ぎたのだろう

町はすっかりかわっていた

それでも

ほんのりと昔の匂いがした

全てが遠く感じていた

自分の生まれた町に帰ってくるのも心苦しかった

友達にも

両親にも

愛想をつかされただろう

だがこの町に帰って来た

どうしても

どうしても

帰りたくなったこの町へ

体が熱くなって

涙があふれた

どれだけの時を我慢したのだろう

どれだけの傷を負ったのだろう

全てを流すように

涙があふれ出た

「―――!」

遠くから自分を呼ぶ声が聞こえた

誰だろう

振り返ってみると

この道を一緒に歩いた

大事な人が微笑んで立っていた

何も聞かず

「―おかえり」

そう言ってくれた

自分は何も言うことができなかった

涙だけが

ただ…

やっとの思いでしぼりだした小さな声で

「…ただいま」

消えてしまいそうな声だった

でも

「おかえりなさい」

もう一度笑いながら言ってくれた

何も迷う事はなかった

自分の帰る町はここにあった

自分の居場所はここにあった

遠くなんかなかった

すぐそばに―

ずっと探していた居場所

こんなにも近くに…

ほんの一時のやりとりが

短くて長い年月をながしてくれた

二人は変わり果てた町を

並んで歩いた

笑って

話して

そこには

変わらない二人の姿が

昔のままにうつっていた









なんとなく書いてみた

うん(

暇な人

パケホーダイなら

どうぞ→http://mqd.jp/q?frd_id=1244b6710687a5b89601dd7860fe746d
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
No title
てめぇぇぇぇぇ(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻
さっさとBGMのオート再生しえろや
2009/02/12(木) 23:29:55 | URL | by棗彌 (#-) [ 編集]
No title
これは、ジハkの自作の詩かしら?

んーすごいなぁ~
彼女sとの事なのかなー?
いろいろと想像しちゃいますよー

ちょっぴり悲しくなるのは私だけ?

感受性豊かなお年頃なのね・・きっと・・・・
2009/02/13(金) 04:25:19 | URL | byゆめ (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。